NIIGATAさんぽびと

カメラを持って出かけよう

水と森の散歩 Ⅱ

きれいな景色に囲まれた「大潟 水と森公園」を散歩。次に歩いていくのは、古墳のある「歴史ゾーン」。 前回の続きです。

水と森の散歩 Ⅰ

天気のいい日、2つの大きな池にまたがるきれいな公園へ。水と森の爽やかな景色を楽しみながら、気持ちいい時間を過ごした。

龍神伝説の池 Ⅲ

絶え間なく流れる清冽な水。まわりに大きな川の無いこの地域を潤してくれる、かけがえのない自然の恵み。

龍神伝説の池 Ⅱ

水鏡の上を、ゆっくりと流れていく霧…龍ヶ窪の幻想的な景色。

龍神伝説の池 Ⅰ

ここは龍神が作ったという伝説が残る美しい池。豊富な湧き水に満たされている池は、決して濁ることはない。

1周2kmの散歩道

ひまわりを楽しみに来た上堰潟公園だったが、残念ながら期待したひまわり畑は見れなかった。せっかく来たので、日頃の運動不足を補おうと、ちょっと散歩。

終わる夏

夏も盛りを過ぎようという日。 今年はまだちゃんとひまわりを見ていなかったことに気づく。もう終わりかなと薄々感じながらも、淡い期待を抱いてひまわり畑へ。

丘の上から

高い丘の上に建つ展望台で深呼吸。緑の山々と青い空が遠くまで続いていた。 越後ハーブ香園入広瀬の続きです。

山のハーブ園

晴れた日、山の上のハーブ園へ。暑くて花はお疲れモードだったが、遠くまで広がる山々と青い空が気持ち良かった。

疫病退散!

仏様なのに恐ろしい姿をしている「不動明王」。 でも本当は、人間を正しい道に導く慈悲深い仏。そして、昔から「疫病退散の守護神」でもあった。

弥彦山頂公園へ Ⅱ

山の澄んだ空気と広い景色を楽しみながら、咲き残っているアジサイを。 前回の続きです。

弥彦山頂公園へ Ⅰ

平野の中にそびえるその姿を、小さい頃からいつも見ている弥彦山。山頂公園に咲くアジサイを見に出かけた。

アンブレラスカイ

夏の空に浮かぶ色とりどりの傘。その透明感が青い空に似合っていた。五泉八幡宮の続きです。

ちりりん

聴こえるだけで風を感じる涼やかな音色。透明感のある風鈴の音が神社の境内に響きわたっていた。

二年目も楽しんでいこう

去年の夏に始めたこのブログ。 本日8月8日、めでたく一周年を迎えました!記事数を数えてみたら、12カ月で今回がちょうど120回目です!

夏色あじさい Ⅱ

たくさんのアジサイが咲く小高い山の上の公園。夏色の花を楽しみながらてくてくと。前回の続きです。

夏色あじさい Ⅰ

若い黄緑色からだんだん色をつけていくアジサイ。空のような青色が爽やかで美しい。

荒川剣龍峡 Ⅱ

山間の清流。澄み切った水に映る光がゆらゆらと。時間を忘れて見入ってしまう。前回の続きです。

荒川剣龍峡 Ⅰ

鬱蒼とした杉木立や広葉樹のなか、大きな岩の間をすべるように流れる水。非日常を感じる清流へ。

帰り道は涼やかに

炎天下のあやめ園を後にして、駐車場へ戻る道。ここは山や木が日差しを遮ってくれるのでほっとする。水に映る木々を眺めながらてくてく。前回の続きです。

暑い日、あやめ園へ

この日は天気も良かったので、久しぶりに五十公野公園あやめ園へ。晴れた空の下、絶好の花日和… と言いたいが、予想外に日差しが強くて、あ…暑かった!

廃線跡の遊歩道

この道は、昔、電車が走っていた場所。廃線になった線路跡に、今は静かな遊歩道が続いている。

驛 Ⅱ

時間が止まったような古い駅舎。20年以上前に廃線になった新潟交通電車線、旧月潟駅の続きです。

驛 Ⅰ

役目を終えた電車が、20年以上経った今も街を見つめている。少しノスタルジックな時間に浸りたくなって、廃線になった古い駅舎へ。

花もいろいろ

咲いている花菖蒲を撮りながら、公園の奥の方へ。散歩の後半はそれ以外に咲いていた花も。しらさぎ森林公園の続きです。

花菖蒲の公園

花菖蒲が咲く公園へ。あいにく、この日は満開にはまだ早かった。ところどころに咲いていた花のスナップです。

清流沿いを

せせらぎを聴きながら清流沿いの道を。天気もいいし、山の緑が美しい。仙見川散歩の続きです。

水の音

自然の中で聴く水の音は心地いい。きれいな水が恋しくなって、お気に入りの清流へ。

池のまわりを

植物園の園地には緑に囲まれた広い池がある。ヤマボウシの優しい色に癒された後、池のほとりへ。 前回の続きです。

ヤマボウシ

6月頃になるとあちこちで見かける手裏剣みたいな白い花。爽やかで、どことなく落ち着いた感じがするヤマボウシ。